未分類

iラインをどこまで脱毛するか

投稿日:2017年4月22日 更新日:

美容脱毛では、iラインをどこまで脱毛するのが普通でしょうか。まずiラインとはアンダーヘアのどの部位をさすのかを最初に明らかにすべきでしょう。

iラインとは、どこ?

女性のアンダーヘアは、正面から見えるvラインと呼ばれる部分、女性外性器の両側のiラインと呼ばれる部分、そして肛門の周囲のoラインと呼ばれる部分の三つに分けて考えられています。

ヘアがやや濃い人であれば、連続して生えているのにどうしてわざわざ分割して考えるのか、という人もいるかもしれませんが、vラインですらほとんどヘアが無い人もいれば、vio全体にわたって広範囲に剛毛が密生している人もいます。そのためユーザーとしても美容業者としてもこの分け方は合理的であると言えるのです。

不快な思いもスッキリ改善されます

さてiラインはどこまで脱毛してしまうのでしょうか。普通は全部抜いてしまいます。

この部位の脱毛を行なうメリットは、生理やおりもの・汗によるデリケートゾーンの蒸れ・かゆみ・においの発生を抑えることにありますので、ヘアを残しておく意味がないからです。

しかし美容脱毛が普及することでかえって、温泉や銭湯などではその姿が作為的に見えてしまうということを不安に思うこともあるでしょう。もちろんvラインを残さず抜いてしまう人もいればヘアを個性的な形で残す人もいますので、皆が皆そのような不安を持つことはないかもしれません。

しかしもし気になるようであれば、iラインの前方を少し残しておいて、vラインとややつながって見えるようにするのが自然な印象を与える形状になると思われます。

ミュゼのハイジニーナ脱毛の痛みについて

ミュゼのハイジニーナ脱毛について紹介します。ハイジニーナは腕や脚とは毛質が違っていたり、恥ずかしくてなかなか人に聞けなかったり、いまいち処理の仕方が分からなかったりしますよね。カミソリで自己処理をすると、伸びてくる毛がチクチクしていてショーツからはみ出てしまったり、デリケートな部分であるからこそ、かぶれて痒くなってしまうことも・・・。

ミュゼのハイジニーナ脱毛では毛をなくす、というよりかは毛質を細く柔らかいものにしていく、という特徴があります。聞きづらい処理の方法も、施術を担当して下さる方が親身に聞いてアドバイスをしてくれます。

ミュゼなら耐えられる痛みなので安心です

デリケートな箇所であるが故に、痛みが強そう・・と心配になる方もいますよね。ミュゼでは毛質がしっかりとしていてなおかつデリケートゾーンであるハイジニーナは痛みが強くなる箇所なので、しっかりとアイシングをして冷やしてから、「お痛み大丈夫ですか」と優しく声掛けをしてくれます。

アイシングの効果もあり、じわっと熱くなり輪ゴムでパチンとはじく程度の痛みははしりますが、耐えられる程度の痛さですみます。

粘膜の箇所や肌が荒れている箇所にはレーザーが当たらないように、しっかりと対応してくれます。恥ずかしさや痛さに慣れるまでは大変かもしれませんが、施術を受けた2~3週間後くらいに毛がスルスルっと抜けて、効果が出ていることを実感できますよ。普段の自己処理やケアについても相談に乗ってくれるので、キレイになっていく自分に自信がもてます。

長崎で評判が良い脱毛サロンをチェックする

-未分類

Copyright© 長崎の安い脱毛サロン , 2017 AllRights Reserved.